ラグビー観戦にファンゾーンがおススメ!

子育て・家族
スポンサーリンク

 ラグビーワールドカップが盛り上がっています!

初戦ロシア戦では松島選手のハットトリックを含む4トライの差をつけ、ボーナスポイントを獲得しての勝利。

第二戦アイルランド戦は、格上相手にもかかわらず一歩も引かない試合展開。ペナルティキックでの得点を重ね、福岡選手のトライによって一歩抜き出て見事勝利。ジャイアントキリングと呼ばれました。

そして、第三戦サモア戦。ミスもあって、前半は1トライ差の厳しい展開。後半、トライを重ね、80分を過ぎてからのワンプレーでスクラムで押してからのトライ。4トライ決め、ボーナスポイントを獲得して勝利。

見事3連勝!目標であるベスト8、初の決勝トーナメントにまた一歩前進しました。

次戦は10月13日㈰スコットランド戦

スコットランドの今大会

初戦はアイルランドに27-3で敗退、第二戦はサモアに37-0で完勝!

苦戦したサモア相手に大差をつけたというのは脅威です。世界ランキングも日本8位、スコットランド9位と差がありません。

ただ、スコットランドは次戦が10月9日㈬に控えています。体力消費の激しいラグビーでは、感覚が短いというのは不利にはたらくと言われています。日本は今大会の開催国なので有利に組まれているんです。(これについては、スコットランドも苦言を呈しているようですが、毎度のことなので制度変更から考えるところなのですよね…)

ファンゾーンで応援もできます!

開催都市全12都市に設けられたファンゾーンはだれでも入場無料!

札幌、岩手、埼玉、東京、横浜、静岡、愛知、大阪、神戸、福岡、熊本、大分の全12か所に設けられたファンゾーン。

大型ビジョンに加え、ラグビーを体験できるゾーンなどが用意されています。

Fanzones - Rugby World Cup 2019 | rugbyworldcup.com
Fans can enjoy the exciting atmosphere of one of the biggest sporting events in the world and join in with the nationwide celebration of rugby at official Rugby...

横浜ファンゾーンにいってみました!

現在開催中の横浜ファンゾーン。11月2日の決勝まで土日を中心に開催されています。

場所はみなとみらい臨港パーク。広々とした芝生スペースに大迫力の380インチの大型スクリーン!かなり迫力があります。

子ども連れにもやさしい横浜のファンゾーン!

ラグビーアクティビティでは、タックルやトライのタイムトライアルができたり、ボールをつかって体験が出来たりします。顔はめパネルもありました。

ステージプログラムも豊富で、私がいったときには忍者ショーが行われていました。試合のときには元代表選手の方が解説してくれ盛り上がりました。

試合をみるだけではないので、気分転換もでき、飽きずに楽しんでくれました。

フードも充実!

横浜名物である崎陽軒や勝烈庵などが出店していたり、クレープや中華料理など幅広いメニューがそろっていました。もちろん、ハイネケンも各所で売ってました。

持ち込み禁止と入場制限に注意

基本的にドリンク、フードの持ち込みはできません。ドリンクは水筒はOKですが、それ以外の飲食物は入り口で廃棄するよういわれます。持ち物検査があるので、かなり厳しいイメージです。

日本戦が近づくと、入場制限がかかって入れなくなっていました。

自国開催のW杯を存分に楽しむならファンゾーンおすすめ!

盛り上がりをみせるラグビー。今から試合チケットはなかなか取れません。それならば、ファンゾーンで楽しむのは大いにありだと思います。

たくさんの観客のみなさんと試合経過をわかちあって、一緒に応援するのは楽しいですよ。息子たちも近くのかたとハイタッチなどして楽しんでいました。

次戦は19時45分キックオフなので、試合時間に子連れでいくのはなかなか難しいかもしれませんが、昼間に行っても楽しむことができます。みなとみらい観光がてら臨港パークでラグビー体験をし、早めに帰って大人は試合観戦・・・もよさそうですね。

日本代表のプール戦は残り1試合。決勝トーナメントに出場してくれることを願って、11月まで楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました