今こそ世界一貧しい?豊か?な元大統領ムヒカ氏を知ろう

エンタメ

10月20日、「世界一貧しい大統領」として知られる南米ウルグアイの元大統領ホセ・ムヒカ氏の政界引退が発表されました。

大統領だからと言って、贅沢な暮らしや強硬な政策に走るわけでもなく、地に足を付けた政治で人々の心を動かしたムヒカ氏。ムヒカ氏の言葉に共感し、影響を受ける人も多く、映画や書籍にもなっています。

高齢や病気が理由とは言え、ちょっと残念な政界引退のニュースですが、今までの活躍をまとめてみました。

ムヒカ大統領の経歴

2010年から5年間、南米の小国ウルグアイの大統領を務めたムヒカは、収入の大半を寄付。公邸に住むことを拒み、愛妻と愛犬と共に小さな農場で質素な暮らしを続け、いつしか敬意を込めて“世界でいちばん貧しい大統領”と称されるようになった。また、2012年にブラジル・リオデジャネイロで開かれた国連会議で、ムヒカは先進国の大量消費社会を強く、しかし優しい口調で批判。その名スピーチはたくさんの言葉に翻訳され、日本では「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」(汐文社)という絵本にもなった。

yahooニュースより https://news.yahoo.co.jp/articles/9c91737699a217bd0bad005bb4605738b7b1d330

実はムヒカ氏は若いころ、極左ゲリラ組織に入っていて、4度も逮捕されていたことがあるの。13年も収監されていた時期もあるんだって。

・収入の大半を寄付

・大麻を合法化

・人工妊娠中絶、同性婚を合法化

こんなことで話題になりました。

国民の中には「ムヒカは派手なことが好きなだけ」という声もあるそうですが、なかなか触れづらいところを攻めてきている印象です。(日本はなかなかこうはいかないですもんね。。。)

超有名になった国連でのスピーチ

2012年6月、ブラジルで行われた地球サミット(通称リオ会議)にて「持続可能な開発及び貧困根絶の文脈におけるグリーン経済」と「持続可能な開発のための制度的枠組み」をテーマに各国の演説が行われました。

日本からも外務大臣が出席し、演説をしています。(内容は知らないけど。。)

多忙な方々が集まる会議。大国から演説をし、終わったところからどんどん退席していったんだそう。南米ウルグアイは最後のほうで、ムヒカ氏が話す時には空席も目立っていたと言います。

そんな中、ムヒカ氏が放つ強く、優しく、厳しい言葉たちは多くの人の心に響き、話題となりました。

PRESIDENT MUJICA SPEECH IN RIO +20 WITH TEXT OF PROPER ENGLISH TRANSLATION TEXT

「貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」

リオ会議でもっとも衝撃的なスピーチ:ムヒカ大統領のスピーチ (日本語版)http://hana.bi/2012/07/mujica-speech-nihongo/

根本的な問題は私たちが実行した社会モデルなのです。そして、改めて見直さなければならないのは私たちの生活スタイルだということ。

リオ会議でもっとも衝撃的なスピーチ:ムヒカ大統領のスピーチ (日本語版)http://hana.bi/2012/07/mujica-speech-nihongo/

いつものほんわかした笑顔とは違い、厳しい表情も見られます。

多くの国が経済活動をどうするかについて話していたにもかかわらず、問題はそこではないと言い放ったムヒカ氏。もっと根本的に考えないといけないよね?ということを伝えていました。

ムヒカ氏のスピーチ全文はこちらから。映画の元にもなった日本語版サイトです。

英語の教科書にも採用されているんだよ!

映画や書籍だと親子で触れることができます

ムヒカ大統領の話はこんなカタチで触れることができます!

絵本「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」

ふりがなが振ってあるので、子どもが一人でも読むことができます。小学校の図書館でも入れているところが多いようです。

書籍はいくつかあります

スピーチ、名言集、コラボ本など、ここ数年でたくさん出版されました。

ムヒカ氏の言葉はわかりやすいので、どれから読んでも大丈夫だと思います!

youtuberがムヒカ氏と対談した動画もおすすめ

ホセ・ムヒカ元大統領と奇跡の対談!世界一貧しい大統領が目の前に!

映画はオンライン配信も!新作も上映スタートしています

2018年公開のムヒカ氏のドキュメンタリー映画 世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ(字幕版) は、アマゾンプライムビデオなどでもレンタル視聴することができるようになりました。口コミでどんどん広がり、今なお劇場公開しているところもあります。

 

そして、2020年10月2日に新作ドキュメンタリー映画が公開されました。

「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」

5年もの間、密着取材をしてきた田部井監督によるドキュメンタリー映画。ムヒカの目を通して、日本を見る。新たな視点でかんがえるきっかけになりそうです。

ムヒカ氏の映画はタイトルが似てるから注意が必要です!

どちらもおすすめだけど、見たいほうを間違えずに見てね。

まとめ

今までの政治家とはちょっと違う視点で物事を考えているムヒカ氏。

この笑顔やしゃべり方をみていると、大統領なの?という疑問をもってしまうこともあるほど。

本当の問題は?豊かさって何?今考えなくてはいけないものは?

私たちに国や世界を動かすことはできなくても、自分の生き方のヒントになるメッセージもたくさんあります。ストレートな言葉なので、子どもたちにもわかりやすいはず。

YouTubeや絵本を通して一緒に触れたい考え方です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました