横須賀・観音崎公園 ~うみの子とりで編~

子育て・家族
スポンサーリンク

生まれも育ちも横浜の私が33歳にして横須賀に移住。
それまで遠いな~なんか怖いな~と思っていた横須賀。
住んでみるといいところがいっぱい!
わたし目線の横須賀体験記。

観音崎公園

公式HP↓

京浜急行浦賀駅やJR横須賀駅からバスが出ています。
車でもアクセスは便利。
駐車場料金もハイシーズンであっても<普通車890円/日>のお手頃価格。
7~8月以外の平日は無料で停めることができます。

※駐車場詳細はこちら
http://www.kanagawaparks.com/kannon/guide/

とにかく広く、いろんなエリアがある

横須賀美術館や自然博物館があるのもここ。
灯台もある。

海岸沿いではバーベキューができたり(エリア限定・無料)、磯遊びや波打ち際で砂遊びしている方たちも。
たたら浜では、ゴジラ襲来の地として足跡が残ってます。

今回はうみの子とりでへ

第2駐車場へ車を停め、パークセンター入口のほうへ。

こんな山道をのぼって

こんな橋もわたると、うみの子とりでに到着します。

3兄妹(8歳、6歳、3歳)とゆっくり歩いても7分くらい?
途中もいろんな草花をみたり、段差がばらばらでおもしろかったりして、あっという間に上まで行けます。
※ベビーカーでも違うルートで到着することができます。

広場はこんな感じ

だだっ広い丘があって、ポップアップテントを張っている方も。

遊具はこんな感じ

ちょいとさびさびの滑り台
すべらないからって、別の遊び方をしはじめる長男&次男。
こどもの発想力はさすが。

3歳児でも安心して渡れるこれはよかった!
ひとりでできる!っていう娘・・・大きくなったなぁ。
テレビ番組(VS〇)のアトラクションみたいー!と喜んで真似っこしてました。笑
これも8歳も6歳も3歳もそれぞれの高さで楽しんでました。
8歳児はらくらく上までいっていたので、早くとか何色であがるとか、工夫して遊んでた。
遊具の上からは海も見えます。
こういうところから、海が見えるとうれしくなっちゃう。

3歳児も8歳児も思いっきり遊べる遊具がそろっていました。
学童のこどもたちも遊びに来ていたので、もっと大きな小学生でも十分楽しめるのでしょう。

3歳児もひとりでアスレチックを進むことができて満足そうでした。
ボルダリングなんかもかわいくておもしろそうでした。

ただ、どれもちょっとメンテナンスは必要なところはある模様。
ローラー滑り台は全くと言っていいほど滑りませんでした。
ローラーなのにすべらないって、つんのめって逆に危ないという・・・
この秋の台風による塩害も大きいのでしょうが、メンテナンスされることを望みます。

それ以外にも遊ぶところがたくさんあるので、こどもたちは困っていなかったですけどね。

トイレもちゃんとあります

トイレは多機能トイレも含めてちゃんとあります。
清掃もはいっていて、きれいでした。
おむつ替えもできましたよ。

目の前にあるこの自動販売機とアイス販売機・・・にまんまとはまって購入しました。
レジャー価格ではなく、普通価格なのでそこは安心です。
うみの子とりでには、ほかに売っているものはないので、おやつなどは持ってくるのがいいと思われます。

そこにいたおじいちゃんたちに寄ると、トンビがおやつやお弁当をねらってくるらしいので、そこは注意が必要です。

うみの子とりでから他の場所へは

私の感覚では、お弁当持って行ってもここで過ごすのは半日かな~
10時頃到着して、遊んでお昼たべて、もうひと遊びするなら十分できる。

もう一歩何か・・・と思う方は、観音崎公園のほぼ真ん中に位置しているうみの子とりでなので、どこかへ移動もありです。
ちょっと遠くから来られる方は、やっぱり海辺へ行くのがいいかな?
こちらも穏やかでとってもいいところです。

私はなんせ飽きっぽいので・・・うみの子とりではこどもたちと2時間ほど遊んで、アイスでおやつにして、帰宅道につきました。

こどもたちが遊びまわってる中、ちょっと一緒にやったら満足する私。
あとは、写真撮ったりぼーっとしたり人を眺めたり・・・そんな時間が大好きです。

横須賀、いいところです!!
ぜひ遊びに来てください(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました